SCANDAL 使用機材 まとめサイト

書籍,ネット,テレビ,ラジオ等から機材関連情報を収集

HOME  HARUNA  MAMI  TOMOMI  RINA  mini

目次

使用機材 - HARUNA
YAMAHA / Pacifica012 [黒]
Fender USA / Eric Clapton Stratocaster “BLACKIE” [黒]
Fender USA / American Standard Telecaster [黒] (愛称:しゅん君)
Takamine / エレアコ PTシリーズ(?) [VN]
Fender Mexico / '69 Telecaster Thinline (Limited Edition 2002) [水色?]
Fender Mexico / Classic Player Series, Tele Thinline Deluxe [黒]
Squier / Telecaster HH “HARUNA MODEL” [銀ラメ+スカルペイント](仮)
SHINOS / Luck 6V “HARUNA MODEL” [白] (ギターアンプ)
HARUNA エフェクター その他

使用機材 - MAMI
BUSKER'S / BSE [パステルピンク] ストラト・タイプ
Fender USA / FSR American Deluxe Stratocaster [白]+シールデコ (愛称:ゆうや君)
Gibson / Les Paul Special Double Cutaway [白]
Fender USA / American Standard Stratocaster HSS [黒]
Fender USA / American Standard Stratocaster HSS “MAMI MODEL” [黒]+ペイント
Squier by Fender / Affinity Series, Bronco Bass [トリノレッド]
Gretsch / G6136DC White Falcon Double Cutaway[白]
Squier / Jazzmaster (feat. Strat assembly) “MAMI MODEL” [白+流星ペイント] (仮)
MAMI エフェクター その他

使用機材 - TOMOMI
GIO Ibanez / GSR450 [TFB]
Fender Japan / JB75 3TS/R (?) [3TS]
Fender Mexico / Deluxe Active Jazz Bass [キャンディアップルレッド]+ストライプライン
 (愛称:ゆうすけ君)
Fender USA / American Standard Precision Bass [銀ラメ+ストライプライン]
 (愛称:サバオ君)
Fender / '67 Coronado Bass II [赤] (愛称:コロ助)
ESP / TOMOMI×soyoka オリジナル“宇宙”ベース
Squier / Jazz Bass “TOMOMI MODEL” [青+ストライプライン]
 (愛称:ブルータス)
TOMOMI エフェクター その他

使用機材 - RINA
YAMAHA / 電子ドラム
YAMAHA / Rock'n Roadシリーズ ドラムセット [黒]
Pearl / Masterworks ドラムセット [メタリックな赤]
Negi Drums / アクリルスネア [紫っぽいスケルトン] (愛称:ライト君)
Pearl / P-120P (ドラムペダル)
TAMA / OAK Stick O214-P (ドラムスティック)
Behringer / XENYX 502 (アナログ・ミキサー)
ライブでのドラムセット (2009年12月バージョン)
Pearl / Masters Series PREMIUM MAPLE ドラムセット [ピンクラメ]
 (愛称:アンジェリーナ,アンジー)
Negi Drums / アクリルスネア [模様入りスケルトン] (愛称:クリスちゃん)
SABIAN / スプラッシュ・シンバル
Pearl / Masters Premium Series メイプルスネア MMP1455SE/C [赤ラメ] (愛称:チェリー)
カウベル
Pearl / SensiTone Series ブラス・スネア STB1455 [黄銅色] (愛称:Mr.Mee,先生)
Pearl / Masterworks Series スネア [青マーブル] (愛称:ブルーちゃん)
Pearl / Reference Metal Brass RFB1450 ブラス・スネア [黄銅色]
Pearl / RINAモデル 171A (オリジナル・ドラムスティック)
“DRUM SCANDAL” 山下政人 feat. SCANDAL RINA ドラムクリニック (2011年11月開催)
RINA with GUITARS!

その他
ESP / キャン太ギター
キャン太 とは
SCANDAL ONGAKUTAI / 音楽隊

機材情報 リンク

※番外ページ
ファンメイドのSCANDAL楽器フィギュア まとめ
SCANDAL結成の経緯 まとめ (Wikipediaへの補足として)

結成当時の逸話は、メンバーの口から、色んな場で語られてきました。
それらをザッとまとめました。

2006年6月、キティライツ&エンタテインメントからの2年越しの熱望により、
CALESSボーカル&ダンススクール各校において、ガールズバンド結成のプロジェクトが動いた。
参加者募集、というよりスタッフからの指導でメンバーらは半ば強引に楽器を始める事になる。
スクールでの指導は絶対であり、断る選択肢はなかったという。
名古屋校のHARUNAやMAMIは、夜中に電話がかかってきて「明日ギター持ってきて。」と
急に言い渡され、友人から借りたり、安い初心者用セットを手に入れた。
当初、スクールでは何十人も楽器を始めていたが、そもそもダンサー志望者ばかりなので、
楽器練習が続かず途中で外れていく生徒が多かったという。
キャレスにバンド育成コースは無く、各々が教則本や楽譜を買って自己流で練習していた。

2006年7月、大阪校にてオーディションが行われ、HARUNA,MAMI,TOMOMIに絞られた。
といっても、楽器を続けていたのがこの3人しか残っていなかったと言っている。
しばらく3人だけで練習している時期があった。
2006年8月上旬、大阪校のRINAがドラムを始める。
お盆休みも一人でスクールに来て練習に打ち込む頑張りが認められ、
2006年8月21日、先の3人にRINAが合流し、バンド結成となった。

HARUNAはすでに高3になっており、夢だったデビューへの最後のチャンスだとして、
それまで打ち込んできたダンスの道を離れる事に迷いながらもバンドに賭ける選択をする。
TOMOMIは、バンドよりダンスがしたいのに・・・と言えないまま続けているうち、
気付けばバンドの魅力に取り憑かれていたという。
もしバンドをやっていなかったら高校卒業と同時にダンスもやめていただろうと話す。
RINAは、3才の頃から芸能界に憧れてスクールに入ったがダンスは苦手だったので、
バンドの道を示されて俄然やる気を出す。
MAMIは、ダンススクールは習い事感覚だったが、強い野心を持ったメンバーたちを
サポートしていくことに自分の道を見出してゆく。

2007年4月からHARUNAは大阪に移り住み、その頃からライブ活動を本格化させている。
2007年途中くらいまではダンスの活動も併行して行っており、MAMIとTOMOMIは
美容専門学校ベルェベルのCM(2007年7月〜)に出てスクールの生徒らと踊っている。

2007年3月から、路上パフォーマンスが多く行われる大阪城公園(城天ストリート)での
ストリートライブを始め、関西地方のライブハウスでもライブを行うようになる。
城天でストリートライブを行っていたのは、2007年3月〜2008年3月。


SCANDALの初ステージ
2006年8月28日、結成してわずか1週間後、大阪なんばHatchでキャレスのイベントがあり、
「それまでに演奏できるようになったらステージに立たせてあげる。」とスタッフに言われ、
合宿して猛練習し、オープニングアクトとして初ステージに臨んだ。
そこで初めて演奏した曲は、サディスティック・ミカ・バンド「タイムマシンにおねがい」の
木村カエラバージョン。
出来はこれ以上ないほどひどく、自分では演奏が合ってるかどうかも
分からない雑音状態だったと、笑いを交えて振り返っている。
HARUNAは歌につられてギターのストロークがボーカルラインと一緒に動いてしまい、
MAMIはフレットが見えないのでギターを傾け、ほとんど横向けにしてガン見しながら弾き、
RINAは、ギターソロが大変そうに見えたので勝手にテンポを遅くして叩き、曲はグダグダに。
客は目が点状態だったが、4人でひとつの音を出した達成感で楽しすぎて半泣きになり、
この4人でやっていこう!と手応えを感じたと言う。

ダンスで培ったアグレッシブなステージアクション、そのパワフルで荒削りな演奏力(?)から、
彼女らはやがて、「ガーリー・ガレージ・バンド」と呼ばれ世界に名を馳せるようになる。

その他 ↓

フックアップ: CARL MARTIN DC Drive SCANDAL様のライブにて採用されました
http://hookup.co.jp/products/effector/DC_live.html

2009年12月、音響機材の輸入販売などを行っている「?フックアップ」が機材を提携(?)



【楽天市場】店長が自信をもっておすすめする人気商品!>
話題のアーティスト特集:アラバスタ ミュージック

http://item.rakuten.co.jp/arabasta/c/0000000581/



2011年7月 発見
ネットショップ、アラバスタ ミュージックが、SCANDALの楽器を集めた特設ページを設けている。
メンバーのメイン楽器に加え、ピックやストラップなども揃えて、SCANDAL楽器フェアのもよう。
 ピックの項では、
「ギターを弾けない方でも、加工してペンダントトップや、携帯ストラップなどに応用出来ると思います。」
などと、全編にわたって店長のコメントが必死で熱い!
 なお、HARUNAのシンラインDXは非常に売れてるらしく、メーカーでは品切れ中で入荷未定のところを、
「奇跡的に1本入荷しました!」とのことです。

※だんだん売れてきて品数が減ってきてる。

【楽天市場】特集ページ > ミュージシャン関連商品特集 >
国内ミュージシャン > SCANDAL:イケベ楽器楽天ショップ

http://item.rakuten.co.jp/ikebe/c/0000003752/

初出時期不明
色んなアーティストに並んで『SCANDAL 関連商品特集』も出来てました。
面白いものは、ブラックパールのピックガードに交換したゆうすけ仕様のジャズベくらいですか。
ストライプラインは入ってないけど。
MAMIがプライベートで手に入れたBronco Bassや、
TOMOMIがインディー時代に使っていたJB75も目ざとく取り上げている。

ESP / SCANDAL×GUITAR “CANTA Guitar”

デビュー前からのマスコットキャラであるキャン太が、アンプ内蔵ギターになった。
ZIPPOライターやアンプ型バッグ等と並んで、受注アイテムとして発売された。価格65000円。
2011年10月13日〜12月25日に注文受付し、翌年3月末に発送された。

さて、キャン太ギターにはメーカーロゴがないが、(ヘッドロゴは「Scandal」と記載)
ESP製作である。スピークアップ(Speak Up)は、ESP社のピックアップ型スピーカーだ。
ESPは、TOMOMIがオリジナルベースを作ったり、ESP学園のイベントに出演したりと、
SCANDALとゆかりがある。
ちなみに、ESPには類似したドラえもんギター(2006年発売)もある。

ドラえもんギターもスピークアップを搭載したアンプ内蔵ギターで、
デザインやスペックからしてまるで兄弟機種である。
ただしネックは、ドラえもんは610mmのショートスケール、キャン太は628mmのミディアムスケール。

ところで、実物写真のキャン太ギターは、広告画像のと比べて、スピーカー部が異なっており、
スピークアップよりも口径のデカいスピーカーが搭載されている。
元々スピークアップは、ピックアップの場所に仕込むための小型スピーカー(ハムバッカーサイズ)だが、
自由な場所に配置できるオーダーメイドボディなので、口径のデカいスピーカーに変更したように見えます。
広告のキャン太ギターは実物写真じゃなくてCGっぽいですね。


2011年10月からのVIRGIN HALL TOUR 2011で、キャン太ギターを2曲でお披露目。
TOMOMIもツアー用に作ったキャン太ベースを使用。
ライブに使用したキャン太ギターはピックアップをイイやつに交換したとのこと。
ベースは非売品だが、要望が多ければ出すかもしれないとか。

2011年11月、パシフィコ横浜で開催された2011楽器フェアにキャン太ギター&ベースが出品された。
ポジションマークは足跡、12フレットのマークはキャン太のお目々になっているのが分かります。

↓キャン太ベース。ピックアップはジャズベタイプだ。


キャン太 とは



「宇宙人がガイコツのコスプレをしている」というコンセプトで作られたSCANDALのマスコット。
まだ名前のないキャン太がステッカー&ぬいぐるみで初登場したのは2007年春とのこと。
初代のぬいぐるみは事務所の社長が夜なべをして作った。
ドラムやアンプの上に座って、スキャのライブを見守り続けている。
かつて公式サイトで公開していたショートアニメにもちょこちょこと
出ずっぱりで登場しており、動くキャン太を観ることができる。YouTubeでも観れます。
イベントなどでは、着ぐるみのキャン太が登場することもある。
MAMIが番組でかぶってドッキリを仕掛けたこともありました。
スキャの歴史と共にあるマスコットキャラであり、グッズも多種作られた。
RINA曰く、
「ライブによく遊びに来るようになって可愛かったからTEAM SCANDALに入れた!」
名前の由来は、「CAN太→出来る子!」 だそうです。





2012年5月、キャン太グッズの販売がKitty Web Shopから独立し、キャン太ショップが開店した。
新ショップの目玉として、キャン太ファミリーが登場した。


新マスコットキャラ
SCANDAL ONGAKUTAI / 音楽隊


2012年3月、武道館グッズとして発売されたTシャツや缶バッジ,ステッカーなどに
デザインされた新キャラ、「音楽隊」。
メンバーが以前から考案していたキャラクターがMAMIの手によってデザイン化された。
BE-YAN(ベーやん),MYU-JIKUN(ミュージくん),MAIKUN(マイくん)の3人組。
ベース,キーボード,マイクが擬人化されたグッズキャラクター。
キャン太に続く、メンバー自身によるSCANDALのマスコット誕生である。
外国のカートゥーンアニメのような、あるいは昭和の駄菓子・駄玩具のパッケージ画のような
どこかパチモン臭い(?)、レトロでイカレポンチなキャラデザインがなんともいえません。
5月からの「LIVE IDO LIVE TOUR 2012」のツアーグッズにも新たなアイテムが登場している。
一応これも「楽器」キャラなので取り上げました。

2012-03-22 武道館のグッズが公開されましたよん。(MAMI)
http://ameblo.jp/scandalblog-4/entry-11200769377.html
2012-05-14 ツアーグッズ紹介(RINA)
http://ameblo.jp/scandalblog-4/entry-11250573662.html
2012-05-15 今回も武道館に引き続き、音楽隊の登場だお(*´ω`*)(MAMI)
http://ameblo.jp/scandalblog-4/entry-11251028617.html


機材情報 リンク

ブログテーマ[SCANDAL Guitar etc.]|吾輩は猫ではない。名前もない。
http://ameblo.jp/su2009/theme-10019566733.html
 国内最大のSCANDALファンブログ。
 スキャ情報のほとんど全てが網羅され、膨大なデータベースになっている。
 スキャファンから有益情報が集まり管理人が拾い上げる集積所にもなっている。
 機材カテゴリだけでも山のようにエントリがあり、全てのアイテムが網羅されている。


SCANDAL 機材 |まったりのぶろぐ
http://ameblo.jp/360-430/entry-10937171616.html
 スキャの楽器&機材をテキストとリンクでまとめている。

SCANDAL 使用機材データファイル
http://blog.livedoor.jp/scandalmaniac/
 詳細情報を添付した機材データベース。
 ・・・なのだが、作成途中で止まってしまっている。



大好き!SCANDAL
http://daisukiscandal.jimdo.com
 スキャの同人誌を作っているイラストレーターが運営しているSCANDAL応援サイト。
 今時珍しくホームページ形式で作られた気合いの入ったファンサイト。情報も満載。
 LEE氏の楽器フィギュア作品はここのブログで公開されている。


SCANDAL Instruments Thread
http://www.scandal-heaven.com/t180-scandal-instruments-thread
 海外のファンサイト「SCANDAL HEAVEN」の機材スレッド

The SCANDAL Gear Thread
http://forum.jphip.com/index.php?topic=21469
 JPH!P Forum(海外サイト)のSCANDAL機材スレッド

HARUNA,MAMI(SCANDAL)|ギターマガジン未掲載インタビュー
http://port.rittor-music.co.jp/guitar/interview/21004.php

HARUNA & MAMI / SCANDAL|ヤング・ギター未掲載インタビュー
http://youngguitar.jp/interviews/1109_01_scandal.html

mnaviインタビュー | Vol.41:SCANDAL | Roland Music Navi
http://mnavi.roland.jp/interview/201010_01.html

ローリングストーン日本版 2009年11月号から SCANDAL インタヴュー
http://xbrand.yahoo.co.jp/category/entertainment/4019/

Marshall Blog: SCANDAL ライブレポ
http://blog.marshallamps.jp/blog/2010/10/scandal.html
http://blog.marshallamps.jp/blog/2010/12/scandal-07f9.html
http://blog.marshallamps.jp/blog/2011/06/scandal-live-to-c227.html
http://blog.marshallamps.jp/blog/2011/12/scandal-virgin--642a.html


alinea - アリネア: SCANDAL Gears!
http://alinea-mind.blogspot.jp/2012/04/scandal-gears.html
alinea - アリネア: Another SCANDAL guitars line-up!
http://alinea-mind.blogspot.jp/2012/06/another-scandal-guitars-line-up.html

alinea - アリネア: SCANDAL instruments etc.
http://alinea-mind.blogspot.com/2012/01/haruna-incomplete.html
http://alinea-mind.blogspot.com/2011/12/scandal-mamitasu.html
http://alinea-mind.blogspot.com/2011/12/scandal-mamitasu-english.html
http://alinea-mind.blogspot.com/2011/12/scandal-timo.html
http://alinea-mind.blogspot.com/2011/12/scandal-rina-suzuki-rina-dikenal-dengan.html
↑インドネシアのファンがこのサイトをインドネシア語と英語に翻訳してる。Good Job!

HOME  HARUNA  MAMI  TOMOMI  RINA  mini

SCANDAL 使用機材 まとめサイト
http://scandal4gear.web.fc2.com/

since 2010/01/30
トップページの更新 2012/09/02 (工事中)

当サイトは、ファンサイトです。
SCANDALおよびフェンダーその他との関わりはありません。

This site is not official.
Just a Fan site.

inserted by FC2 system