SCANDAL 使用機材 まとめサイト

書籍,ネット,テレビ,ラジオ等から機材関連情報を収集

HOME  HARUNA  MAMI  TOMOMI  RINA  mini

目次

使用機材 - HARUNA
YAMAHA / Pacifica012 [黒]
Fender USA / Eric Clapton Stratocaster “BLACKIE” [黒]
Fender USA / American Standard Telecaster [黒] (愛称:しゅん君)
Takamine / エレアコ PTシリーズ(?) [VN]
Fender Mexico / '69 Telecaster Thinline (Limited Edition 2002) [水色?]
Fender Mexico / Classic Player Series, Tele Thinline Deluxe [黒]
Squier / Telecaster HH “HARUNA MODEL” [銀ラメ+スカルペイント](仮)
SHINOS / Luck 6V “HARUNA MODEL” [白] (ギターアンプ)
HARUNA エフェクター その他

使用機材 - MAMI
BUSKER'S / BSE [パステルピンク] ストラト・タイプ
Fender USA / FSR American Deluxe Stratocaster [白]+シールデコ (愛称:ゆうや君)
Gibson / Les Paul Special Double Cutaway [白]
Fender USA / American Standard Stratocaster HSS [黒]
Fender USA / American Standard Stratocaster HSS “MAMI MODEL” [黒]+ペイント
Squier by Fender / Affinity Series, Bronco Bass [トリノレッド]
Gretsch / G6136DC White Falcon Double Cutaway[白]
Squier / Jazzmaster (feat. Strat assembly) “MAMI MODEL” [白+流星ペイント] (仮)
MAMI エフェクター その他

使用機材 - TOMOMI
GIO Ibanez / GSR450 [TFB]
Fender Japan / JB75-US 3TS/R [3TS]
Fender Mexico / Deluxe Active Jazz Bass [キャンディアップルレッド]+ストライプライン
 (愛称:ゆうすけ君)
Fender USA / American Standard Precision Bass [銀ラメ+ストライプライン]
 (愛称:サバオ君)
Fender / '67 Coronado Bass II [赤] (愛称:コロ助)
ESP / TOMOMI×soyoka オリジナル“宇宙”ベース
Squier / Jazz Bass “TOMOMI MODEL” [青+ストライプライン]
 (愛称:ブルータス)
TOMOMI エフェクター その他

使用機材 - RINA
YAMAHA / 電子ドラム
YAMAHA / Rock'n Roadシリーズ ドラムセット [黒]
Pearl / Masterworks ドラムセット [メタリックな赤]
Negi Drums / アクリルスネア [紫っぽいスケルトン] (愛称:ライト君)
Pearl / P-120P (ドラムペダル)
TAMA / OAK Stick O214-P (ドラムスティック)
Behringer / XENYX 502 (アナログ・ミキサー)
ライブでのドラムセット (2009年12月バージョン)
Pearl / Masters Series PREMIUM MAPLE ドラムセット [ピンクラメ]
 (愛称:アンジェリーナ,アンジー)
Negi Drums / アクリルスネア [模様入りスケルトン] (愛称:クリスちゃん)
SABIAN / スプラッシュ・シンバル
Pearl / Masters Premium Series メイプルスネア MMP1455SE/C [赤ラメ] (愛称:チェリー)
カウベル
Pearl / SensiTone Series ブラス・スネア STB1455 [黄銅色] (愛称:Mr.Mee,先生)
Pearl / Masterworks Series スネア [青マーブル] (愛称:ブルーちゃん)
Pearl / Reference Metal Brass RFB1450 ブラス・スネア [黄銅色]
Pearl / RINAモデル 171A (オリジナル・ドラムスティック)
“DRUM SCANDAL” 山下政人 feat. SCANDAL RINA ドラムクリニック (2011年11月開催)
RINA with GUITARS!

その他
ESP / キャン太ギター
キャン太 とは
SCANDAL ONGAKUTAI / 音楽隊

機材情報 リンク

※番外ページ
ファンメイドのSCANDAL楽器フィギュア まとめ



ESP / SCANDAL×GUITAR “CANTA Guitar”


デビュー前からのマスコットキャラであるキャン太が、アンプ内蔵ギターになった。
筆者はこういうの、好きですよ。
初の武道館公演も発表され、上り坂だからこそ出せる強気なグッズですよ。
受注アイテムとして、2011年10月13日〜12月25日に注文受付し、
翌年3月末に発送された。

2011-10-03 13:30:17
SCANDAL 「10/7 0:00 TOURグッズ」。 | 吾輩は猫ではない。名前もない。
https://ameblo.jp/su2009/entry-11036870144.html
2011-10-09 22:00:51
Guitar 「キャン太 with A助氏?」。 | 吾輩は猫ではない。名前もない。
https://ameblo.jp/su2009/entry-11040308978.html

キャン太ギターはESP製作で、
スピークアップ(Speak Up)は、ESP社のピックアップ型スピーカーだ。
ESPは、TOMOMIがオリジナルベースを作ったり、ESP学園のイベントに出演したりと、
SCANDALとゆかりがある。
ちなみに、ESPには類似したドラえもんギター(2005年発売)もある。

ドラえもんギターもスピークアップを搭載したアンプ内蔵ギターで、
デザインやスペックからしてまるで兄弟機種ですね。
スピークアップは、ピックアップの位置に仕込むための小型スピーカーだが、
キャン太ギターの実物画像を見ると、
スピークアップより口径のでかいスピーカーが足に埋め込まれている。
ポジションマークは足跡、12フレットのマークはキャン太のお目々になってるのが分かります。

(ヤフオクに出ていた画像)


2011年10月からのVIRGIN HALL TOUR 2011で、キャン太ギターを2曲で使用。
TOMOMIもツアー用に作ったキャン太ベースを使用。
MCでのグッズ紹介でもセールストークしてました。
ライブに使用したキャン太ギターはピックアップをイイやつに交換したとのこと。
ベースは非売品だが、要望が多ければ出すかもしれないとか。
この後、ライブで使用されることはなかったが、
SCANDALが毎年開催しているコピーバンド大会の賞品として贈呈していた。


2011年11月、パシフィコ横浜で開催された2011楽器フェア
キャン太ギター&ベースが出品された。


こちらはキャン太ベース。ピックアップはジャズベタイプだ。



■キャン太 とは



“宇宙人がガイコツのコスプレをしている”
というコンセプトで作られたというSCANDALのマスコットキャラクター。
キャン太がステッカー&ぬいぐるみで初登場したのは2007年5月とのこと。
同時期にSCANDALの公式サイトも立ち上げられ、
SCANDALがオフィシャルな存在になったのもこの時期といえる。


(2007年5月のSCANDAL)

初代のぬいぐるみは事務所の社長が徹夜で作ったとのこと。
ドラムやアンプの上に座って、SCANDALのライブを見守り続けている。
かつて公式サイトで公開していたショートアニメにも
ちょこまかと出ずっぱりで登場しており、動くキャン太を観ることができる。
ライブやイベントなどでは、着ぐるみのキャン太が登場することもある。
MAMIが番組で着ぐるみをかぶってドッキリを仕掛けたこともありました。
SCANDALの歴史と共にあるマスコットキャラであり、多種多様なグッズも作られた。

キャン太 「SCAN+太=キャン太!」。 | 吾輩は猫ではない。名前もない。
https://ameblo.jp/su2009/entry-12115971600.html
キャン太 「あい あむ CANTA!」#2。 | 吾輩は猫ではない。名前もない。
https://ameblo.jp/su2009/entry-11570786780.html

RINA曰く、
「ライブによく遊びに来るようになって可愛かったからTEAM SCANDALに入れた!」
名前の由来は、「CAN太→出来る子!」だそうです。
https://twitter.com/scandal_rina/status/27298831680/





その真の正体とは・・・
キティの社長である、伝説のプロデューサー・多賀英典の分身!?
それはともあれ、氏の発想からキャン太は生まれたそうです。
かつては『うる星やつら』『セーラー服と機関銃』などを制作していた会社ですからね。


MAMIが付けているストラップは、2010年公開のアニメ映画「ルー=ガルー」の特典グッズ。
多分これがキャン太がグッズ化された第1号と思われる。
ちなみにその映画にはSCANDALもアニメキャラとなって登場している。



2012年5月、キャン太グッズの販売がKitty Web Shopから独立し、
キャン太ショップが立ち上げられた。
新ショップの目玉として、キャン太のアニマルシリーズが登場した。
この後、様々なキャン太グッズが展開される。

2013/07/04
キャン太がツイッターを開始。
くまモンやふなっしーに対抗意識を燃やし、強気なキャラでツイートを展開する。
https://twitter.com/can_ta_official/

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

2016/03/31
「キャン太ショップ」閉店。 | 吾輩は猫ではない。名前もない。
https://ameblo.jp/su2009/entry-12137068707.html

2015年までは、ライブ会場のロビーなどにキャン太の着ぐるみが出没してましたが、
2016年8月の結成10周年フェスを前に、まさかのキャン太がフェードアウト・・・。
エッと思いましたね。ファンからも愛されていただけに。
ただやはり、SCANDALも変わってきて、 アパレルブランドを立ち上げたりして、
ビジュアル面も自由に各々が個性を発揮するファッショニスタになっていて、
こういったキッズライクなキャラクターはイメージに合わなくなってきたんでしょうね。
メンバー曰く、「キャン太は宇宙に帰った。」とライブのMCで言ってたとか。


キャン太ーーー、カムバック!!!



SCANDAL ONGAKUTAI / 音楽隊



2012年3月、武道館公演グッズとして発売されたTシャツや缶バッジ,ステッカーなどに
デザインされた新キャラ、「音楽隊」。
メンバーが以前から考案していたキャラクターがMAMIの手によってデザイン化された。
BE-YAN(ベーやん),MYU-JIKUN(ミュージくん),MAIKUN(マイくん)の3人組で、
ベース,キーボード,マイクが擬人化されたグッズキャラクター。
キャン太に続くマスコットキャラ誕生である。
外国のカートゥーンアニメのような、あるいは昭和の駄菓子・駄玩具のパッケージ画のような、
どこかパチモンぽい(?)、レトロでイカレポンチなキャラデザインがなんともいえないですね。
このキャラクターも様々なグッズが作られた。
一応これも「楽器」キャラなので取り上げました。

2012-03-22 武道館のグッズが公開されましたよん。(MAMI)
http://ameblo.jp/scandalblog-4/entry-11200769377.html
2012-05-14 ツアーグッズ紹介(RINA)
http://ameblo.jp/scandalblog-4/entry-11250573662.html
2012-05-15 今回も武道館に引き続き、音楽隊の登場だお(*´ω`*)(MAMI)
http://ameblo.jp/scandalblog-4/entry-11251028617.html



機材情報 リンク

ブログテーマ[SCANDAL Guitar etc.]|吾輩は猫ではない。名前もない。
http://ameblo.jp/su2009/theme-10019566733.html
 国内最大のSCANDALファンブログ。
 スキャ情報のほとんど全てが網羅され、膨大なデータベースになっている。
 スキャファンから有益情報が集まり管理人が拾い上げる集積所にもなっている。
 機材カテゴリだけでも山のようにエントリがあり、全てのアイテムが網羅されている。


SCANDAL 機材 |まったりのぶろぐ
http://ameblo.jp/360-430/entry-10937171616.html
 スキャの楽器&機材をテキストとリンクでまとめている。

SCANDAL 使用機材データファイル
http://blog.livedoor.jp/scandalmaniac/
 詳細情報を添付した機材データベース。
 ・・・なのだが、作成途中で止まってしまっている。



大好き!SCANDAL
http://daisukiscandal.jimdo.com
 スキャの同人誌を作っているイラストレーターが運営しているSCANDAL応援サイト。
 今時珍しくホームページ形式で作られた気合いの入ったファンサイト。情報も満載。
 LEE氏の楽器フィギュア作品はここのブログで公開されている。


SCANDAL Instruments Thread
http://www.scandal-heaven.com/t180-scandal-instruments-thread
 海外のファンサイト「SCANDAL HEAVEN」の機材スレッド

The SCANDAL Gear Thread
http://forum.jphip.com/index.php?topic=21469
 JPH!P Forum(海外サイト)のSCANDAL機材スレッド

HARUNA,MAMI(SCANDAL)|ギターマガジン未掲載インタビュー
http://port.rittor-music.co.jp/guitar/interview/21004.php

HARUNA & MAMI / SCANDAL|ヤング・ギター未掲載インタビュー
http://youngguitar.jp/interviews/1109_01_scandal.html

mnaviインタビュー | Vol.41:SCANDAL | Roland Music Navi
http://mnavi.roland.jp/interview/201010_01.html

ローリングストーン日本版 2009年11月号から SCANDAL インタヴュー
http://xbrand.yahoo.co.jp/category/entertainment/4019/

Marshall Blog: SCANDAL ライブレポ
http://blog.marshallamps.jp/blog/2010/10/scandal.html
http://blog.marshallamps.jp/blog/2010/12/scandal-07f9.html
http://blog.marshallamps.jp/blog/2011/06/scandal-live-to-c227.html
http://blog.marshallamps.jp/blog/2011/12/scandal-virgin--642a.html


alinea - アリネア: SCANDAL Gears!
http://alinea-mind.blogspot.jp/2012/04/scandal-gears.html
alinea - アリネア: Another SCANDAL guitars line-up!
http://alinea-mind.blogspot.jp/2012/06/another-scandal-guitars-line-up.html

alinea - アリネア: SCANDAL instruments etc.
http://alinea-mind.blogspot.com/2012/01/haruna-incomplete.html
http://alinea-mind.blogspot.com/2011/12/scandal-mamitasu.html
http://alinea-mind.blogspot.com/2011/12/scandal-mamitasu-english.html
http://alinea-mind.blogspot.com/2011/12/scandal-timo.html
http://alinea-mind.blogspot.com/2011/12/scandal-rina-suzuki-rina-dikenal-dengan.html
↑インドネシアのファンがこのサイトをインドネシア語と英語に翻訳してる。Good Job!





「このバンドが続くかぎり、私の青春もずっと続くんだと思う。」
by RINA

I LOVE SCANDAL,
FOREVER.



HOME  HARUNA  MAMI  TOMOMI  RINA  mini

SCANDAL 使用機材 まとめサイト
http://scandal4gear.web.fc2.com/

Since 2010/01/30

当サイトは、一般個人が作っているファンサイトです。
SCANDALおよび楽器メーカー等との関わりはありません。

inserted by FC2 system